ロタウイルスによる胃腸炎の重症化予防目的のため、令和2年10月1日からロタウイルスワクチンが定期接種(公費)となりました。
 ロタウイルス胃腸炎は感染力がとても強く、乳幼児のうちのほとんどの子どもが感染します。乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症のため注意が必要です。

【対象者】令和2年8月1日以降に生まれたお子さま
【注意】治療の先天的な消化管障害のある方や、過去に腸重積症を起こした方、重症複合型免疫不全(SCID)のある方は対象になりません。
【ワクチンについて】
 ワクチンは2種類あり、どちらも飲むタイプの生ワクチンです。どちらのワクチンもロタウイルス感染による胃腸炎を約80%予防し、重症ロタウイルス感染症の約95%を予防する効果がありますが、接種回数が異なります。途中からワクチンの種類を変更することは原則できませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種してください。
 どちらのワクチンも初回接種(1回目)は出生14週6日後までに開始しましょう。
 ※出生15週0日後以降の初回接種については、安全性が確立されておりません。
<ロタリックス>
 接種回数:2回(27日以上の間隔をあける)
 2回目の接種は出生24週0日後までに完了させます。
<ロタテック>
 接種回数:3回(27日以上の間隔をあける)
 3回目の接種は出生32週0日後までに完了させます。

>>詳細はこちら