★4種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

■対象
生後3月から生後90月に至るまで

■接種間隔など受け方
初回:20日以上、標準的には20日~56日までの間隔をおいて3回接種
(例:月曜日に受けたら3週間後の月曜日から接種可能)

追加:初回3回終了後、12月に達した時から18月に達するまでの間隔で1回接種

■実施期間
通年

>>詳細はこちら

◆ジフテリアとは・・ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。1981年(昭和56年)に現在使われているジフテリア百日せき破傷風混合ワクチン(DPT)が導入され、現在では患者発生数は年間0~1人程度です。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状がでない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるため注意が必要です。

◆百日せきとは・・百日せき菌の飛沫感染で起こります。1948年(昭和23年)から百日せきワクチンの接種がはじまって以来、患者数は減少してきています。最近、長びくせきを特徴とする思春期、成人の百日せきがみられ、乳幼児への感染源となり重症化する例がありますので注意しましょう。
百日せきは、普通のかぜのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔をまっ赤にして連続的にせき込むようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ません。乳幼児はせきで呼吸ができず、くちびるが青くなったり(チアノーゼ)けいれんが起きることがあります。肺炎や脳炎などの重い合併症を起こします。乳児では命を落とすこともあります。

◆破傷風とは・・ 破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が、傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、菌の出す毒素のために、筋肉の強直性けいれんを起こします。最初は口が開かなくなるなどの症状が気付かれ、やがて全身の強直性けいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に至ることもある病気です。患者の半数は本人や周りの人では気が付かない程度の軽い刺し傷が原因です。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。また、お母さんが抵抗力(免疫)をもっていれば出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことができます。

◆ポリオとは・・ポリオ(急性灰白髄炎)は、「小児まひ」と呼ばれます。人の口から入ったポリオウイルスは咽頭や小腸の細胞で増殖します。小腸の細胞ではウイルスは4~35日間(平均7~14日間)増殖すると言われています。増殖したウイルスは便中に排泄され、再びヒトの口に入り抵抗力(免疫)を持っていないヒトの腸内で増殖し、ヒトからヒトへ感染します。ポリオウイルスに感染しても、ほとんどの場合は症状がでず、一生抵抗力(終生免疫)が得られます。
症状がでる場合、ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染が広まり、麻痺を起こすことがあります。ポリオウイルスに感染すると、100人中5~10人は、かぜ様の症状があり、発熱を認め、続いて頭痛、嘔吐があらわれます。
また、感染した人の中で、約1,000~2,000人に1人の割合で手足の麻痺を起します。一部の人には、その麻痺が永久に残ります。麻痺症状が進行し、呼吸困難により死亡することもあります。

※この事業には、国から補助を受けている特定防衛施設周辺整備調整交付金事業基金が活用されています。